読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネ男子のあたまのなか。

旅行やアウトドアやデザインについて書いていこうと思います。

屋久島旅行 | 1日目

前回の屋久島旅行は初めてということもあって、いわゆる屋久島的なものをすべて体験してやろうというスタイルで計画しました。といっても、「縄文杉トレッキング」「白谷雲水峡トレッキング」を3泊4日に組み込むと、ほとんどのスケジュールが消化されてしまいました。

soonop.hateblo.jp

出発

まず、大阪の伊丹空港からの直行便で屋久島へ。ちょうど台風と重なり飛行機が飛ぶか飛ばないかの瀬戸際でしたが無事出発してくれました。10時ごろに伊丹空港を出発、11時すぎに屋久島空港へ無事到着しました。

http://www.flickr.com/photos/99001450@N00/3915761926

photo by PYONKO

レンタル品をピックアップ

空港でレンタカーへ乗り換えて、予約をしていた登山用具を取りに安房の山岳太郎さんへ向かいました。登山用具のレンタルとツアーを一緒に申込めることができて、提携店のレンタカーの料金も割引される特典があるのでおすすめです。

屋久島のごはん

お盆明けでお休みの店が多い中「屋久どん」で昼食。
屋久島風うどん、トビウオのづけ丼、首折れサバの唐揚げを食べました。

屋久島では日曜日が定休日のお店が多い気がします。また8月のお盆明けもかなりのお店がお休みで不定休のお店も多いです。行くお店が決まっているのであれば事前に電話で営業しているか確認するのが良いかと思います。

あと屋久島のお店に共通して言えるのは「住宅」なのか「お店」なのかがパッと見で判断できないところが多かったです(笑)。こんなところにお店があるの?ってとこに結構あります。

tabelog.com

千尋の滝へ

f:id:soonop:20160123154946j:image

中央に宮之浦岳をはじめとする標高の高い山がそびえる地形と年間の雨量が多いこともあり、屋久島にはいくつもの滝があります。朝から雨だったこともあり増水して迫力のある滝を見ることができました。

滝の左側にある岩盤は、まるで千人が手を結んだくらいの大きさということで「千尋の滝」と名づけられました。昔から人が両手を広げた長さを“一尋”と呼び、身体のモノサシとして使っていたことに由来します。雨の降った後など増水しているときは、迫力のある滝の姿を見ることができます。展望所からはやや遠望になりますが、その雄大な姿は十分満喫できます。

地元のスーパーへ

翌日の「縄文杉トレッキングツアー」、「白谷雲水峡トレッキングツアー」で食べる行動食を買いにホテルの近くのスーパーへ行きました。事前に調べたところ屋久島にはいくつかスーパーがあるものの、24時間営業のコンビニなどはないので遅くても19時~20時までには買い物を済ませておきましょう。

1日目は翌日の「縄文杉トレッキングツアー」に備えて22時に就寝。